初心者でも始めやすい投資信託と目安

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勤務先で副業が解禁されていない、副業可能でも本業の就業時間が不規則でアルバイトなどはできないと悩む人もいるでしょう。そんな場合は、副業ではなく投資という形を検討してみると良いでしょう。投資には色々な方法がありますが、リスクを少しでも低く抑えたいのであれば、初心者でも無理なくできると口コミでも評判の投資信託から始めてみると良いでしょう。

投資信託の魅力は、定期預金や積立預金のような感覚で始められることです。資産運用のプロに出資をする投資信託は、デイトレードのように画面に張り付いている必要がありません。そのため、本業が忙しくゆっくり副業を考えている暇がないという人でも投資信託であれば無理なく始めることができるでしょう。

そんな投資信託を始める上で、重要となるのが期間です。投資といえば、デイトレードのように瞬時に利益を確定させていくものというイメージを持つ人もいるでしょう。しかし、投資信託の場合は預けたお金を、時間をかけて増やしていくことになります。投資信託を行う期間は人によって異なりますが、しっかりと増やしたいのであれば10年や20年など、10年単位の期間を意識しておくと良いでしょう。

投資信託の増え方は緩やかと言われますが、積立という形で10年続ければ、預けた金額が2倍になって返金されるというのは珍しくないことです。勿論、投資にはリスクがつきもので、投資信託でも元本割れを起こしてしまう可能性もあります。ただ、長く続けることによって徐々に利益が増え、最終的には定期預金や積立預金の利息以上の金額が返金される形となることが多くなっています。そのため、投資を始めたいと考えているのであれば、初心者でも始めやすいと口コミでも人気の投資信託からスタートしてみると良いでしょう。

投資といえば、詐欺紛いのものも多いのではないかと不安を感じる人もいるでしょう。しかし、口コミで人気の証券会社やファンドを選んでおけば、詐欺被害の不安を感じることなく、安心して投資信託を始めることができます。さらに、投資というのは一つの方法に絞らなければいけないというものではありません。毎月の給料のうち一部は積立型の投資信託、手持ちのお金に余裕が出てきたら株式投資など複数の投資を組み合わせることも可能です。一つの投資に資産を全て注ぎ込むのではなく、色々な形で投資をするようにしておけば、一つの投資法で失敗しても他の方法で取り返せるため、リスクの軽減に繋がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。