副業として人気となっている電脳せどりを始める際に、利用をしておいて損がないのが、FBA納品です。商品を出品する業者の倉庫に商品を預け、注文が入った時には倉庫から直接商品を発送して貰うという方法です。

ネットを通じて商売を行う電脳せどりでは、梱包や発送などの作業が欠かせません。専業として電脳せどりを行うのであれば、多少出品数が増えても、手作業で対応していくこともできるでしょう。

しかし、副業として電脳せどりを行う場合、本業やプライベートな時間の合間に作業を行う形となります。そのため、出品数が増えれば梱包・発送などの作業が大きな負担となることが多いものです。

さらに、電脳せどりを行う上で、意識しておきたいのが口コミです。注文をしてもなかなか商品が発送されない、検品に問題があり届いたアイテムの不具合が目立つという場合は、詐欺紛いの商売をしているなど悪い口コミを書かれる可能性があります。

詐欺ではないかなど、悪い噂というのは想像以上の速さで広まっていきます。こうした状況を避けたいという場合は、梱包や検品、発送などを全て任せることができるFBA納品という形を選んでおくことが有効です。

そんなFBA納品を利用するためには、手数料がかかります。手数料は、出品をする商品の数などによって変わってくることになりますが、小口の利用であれば1点あたり100円前後の手数料がかかると考えておくと良いでしょう。

さらに、仕入れた商品を倉庫に送る送料なども必要となります。ただ、手数料などを考えると、FBA納品を利用すると損をしてしまうのではないかと考える人は少なくありません。

ただ、倉庫から購入者の元に送る際の送料が安くなるなどのメリットが生まれます。同じアイテムでも、送料が高ければ選ばれにくくなることが多いものです。それだけに、電脳せどりでしっかりと利益を生み出したいのであれば、FBA納品という形を検討しておくと良いでしょう。

実際にFBA納品を活用して、本格的に電脳せどりを始める際に心がけておきたいのが、特商法を守ることです。
特商法に基づく表記を行うことは勿論、特商法をしっかりと守るようにすることで、利用者に安心感を与えることができるようになります。信頼度が上がれば、その分出品したアイテムも売れやすい状態となるでしょう。副業として電脳せどりを始める際には、FBA納品の利用など、稼ぎやすい状態を作るためのコツを抑えておくことがおすすめです。